Thursday, 15 December 2016

新天地にて

次女も長女も目標に向かって旅立ってしまいました。乗馬もなく、娘たちもいなく、まさに空の巣症候群に陥っていた私。今まで何をしてきたんだろう、ちゃんと役割は果たせたんだろうか、良い母であったんだろうか、と、日々落ち込み、、、。
次女はまだ中3。いつでも帰ってきたらいい、と、泣きながら電話を寄こして来る次女に答えているうちに1ヶ月が経ち、2ヶ月が経ち…、半年過ぎました。
私も新天地へ、夫の仕事の関係で暮らすようになって1ヶ月。慣れるというか、慣れようという気持ちになってきました。今、休みで子供達が帰ってきていることも背中を押してくれ、私、また乗馬を始めました。

今日は2日目。昨日は、次女も長女も騎乗。湿気に耐えられず長女は熱中症気味に。心配しましたが、久しぶりに見る長女の騎乗はやっぱり良かった。

そして、次女。いうまでもなく、すごい上達ぶり。どんな馬も乗りこなせるようになっていて、上半身が動かない。すごかったです。

で、私。1日目は、スニーカーに普通のズボン。滑りまくり今回こそ落馬すると思いました。

今日は、長女は休み、私と次女が再騎乗。ちゃんとしたキュロット、長靴のせいか?昨日よりはまだマシになっていました。



この可愛い子は、オーストラリアから小さい頃に来たデューク。現在19歳。おじいちゃんですが、おとなしいし、ふわふわした乗りごごちで本当に賢い子です。
私はまだまだ膝で抱える癖があるので、それを直したいとインストラクターに相談。すると、では鎧から足を外して軽速歩、そして正反動。太ももと、腹筋を使って頑張っている自分を意識できました。”鎧は飾りだと思って”と、言われ、なるほど、と。次回はその意識で乗るようにしたいと思います。
”デューク、下手くそな私に付き合ってくれてありがとう!”

こちらは東南アジアマレーシアはクアラルンプール、私が通い始めたのは競馬場に隣接された乗馬クラブです。今日は馬場で乗ったのですが、その向こうには、競走馬が走る姿も見え、コースも見えます。馬たちもとてもよく面倒を見てもらっています。
インストラクターもとてもフレンドリーですごーく気に入ってます。
週2回、1年で子供達をびっくりさせるくらい上達する!と、決めました。
頑張るぞー!!



トッピー。次女が乗ったこれまた賢い子です。話によると、子供時代、競走馬の試験に落ち、性格がおとなしいためそのまま乗用馬へ。今は馬場馬として活躍している16歳です。次女はすんなりと乗りこなし、これからこちらにいる間、この子にハーフパスや、フライングチェンジを調教してみるぞ!と、張り切ってます。


次女が通い始めた学校です。今は夏。これは秋、彼女を連れて行った時に撮ったもの。来年2月からは相棒、9歳の牝馬、ロミちゃん、もいよいよやってきます。夢にまた一歩近づいています!

No comments:

Post a Comment