Wednesday, 12 March 2014

3/12 ☀️ 30鞍

土曜日以降悩み続けたので、この辺りでちゃんと駆け歩の恐怖や、馬に対しての劣等感を克服しておかなければ、多分私乗馬やめるな、と、思ったりしたのでラストチャンスとまではいかずとも、マンツーマンレッスンを受けることにした。いつものインストラクターではなく、物腰柔らかな優しい感じの女性の先生。まずは、悩みを聞いてもらった。
1 膝に力が入ってると言われること。
2 自分では脚を入れてるつもりなのに、入ってないと注意されること。
3 駆け歩の時間になると緊張して身体がこわばるのが自分でもわかること。また、駆け歩が怖いこと。

では、みてみましょう、と、先生。

「並歩しながら、足の親指、小指、つま先を感じて下さい。そのあと、つま先が鐙の上に乗っかてることを感じましょう。感じましたか?」

よしよし感じる、と、私。

「では、姿勢を正しておへその下に意識を置いて、体全体で脚を入れるつもりで脚を入れてみましょう。肩の力を抜いて、幹を鍛えるつもりで。」

言われた通りそのつもりでやってみると、馬が反応!

「次は、速歩して見ましょう。同じようにやってみましょう。立ったり座ったりはそれほど重要ではないので、姿勢を正して馬に走ってもらいましょう。それを助けるために馬を整えてあげるのが騎乗者の役割です。」

なるほど。

「では、駆け歩をして見ましょう。手綱を短く持って、並歩を元気良く。脚を入れて、馬に駆け歩だよ、行けっ!と、心の中で思いながら姿勢を正して駆け歩になるまで待ちましょう。駆け歩がでたら、馬のバランスを整えてあげるように気を使いましょう。姿勢を崩さず、肩の力を抜いて、肘をもう少し脇腹からずらし、ハミを感じましょう。お腹から下で、体全体で脚を入れるつもりで。」

神経を集中させて何度かの練習の末、成功。

大事なのは、姿勢。肩の力を抜く。下腹に意識を置く。肘をピタッと脇にくっつけ過ぎないこと。手綱を持つ手の位置に気をつける。駆け歩の場合、姿勢を正して馬が駆け歩するまで、行けと念じ、脚を体全体で入れるつもりで。

感覚を、自分で感じることができるように、褒めちぎっていただきながらレッスンを受けることができました❤️感激❗️先生どうもありがとうございました❗️

3/8 ☀️ 29鞍目

よく長女が騎乗している皐月に乗った。速歩もリラックスしてでき、いい感じだったのに、駆け歩の合図とともに固まっている自分…。駆け歩をすべく出切る限りの脚を入れてみるが、馬の反応はイマイチ。脚は伝わっているのだろうか…?駆け歩体勢に皐月が入っても自分が手綱を引っ張り止まれの合図。入れてるつもりはないんだけど、混乱する皐月。頭を前に引っ張って私に反抗する。すごい力で引っ張るのでそのまま前につんのめってでんぐり返しして落馬もあり得たので、レッスンを途中で停止。情けないし、何をどうしたら良くなるのかさっぱりわからず困る私。3レッスン続けてまともな駆け歩ができてないので、ちょっとスランプかな。このまま辞めたりするってのも有りなんだろうか、と、悩む。

Monday, 3 March 2014

3/1 ☔️

この日は、雨。やめようと思ったのだけど,ここで2週間空くと後が辛い。なので、頑張ることに。馬はニイナ。速歩は、楽な姿勢でふくらはぎで馬の脇腹を感じかかとが下がっていることを確認しながら乗れた。問題は、駆け歩。発進は上手く行くものの、続かない。
もう少しリラックスして、脚を強く使えるように次回はしてみよう。

Saturday, 1 March 2014

2/22 ☀️

先週のようかが上手く乗れたので、インストラクターがリッキーに乗っても良いということでまあまあ難し目の馬リッキーに乗ることに。速歩は良かったけど駆け歩がでない…。またまた、落ち込む私…。この日も落ち込んで帰ってきました。でも、上半身をしっかりと起こして固定することで下半身の力が自然と抜けるというコツがつかめたような気がします。とにかく速歩がとても楽にできたのには驚きました。そーなんだ!と、いう感じ。では、これから、今日の乗馬レッスンのため兵庫県まで行ってきます。

2/11 ☀️

ポチに乗って落ち込んでから、乗馬への情熱が冷めつつあるのですが, 頑張り過ぎない良い傾向かなとも捉えてます。何をしても頑張り過ぎて疲れてしまう傾向もあることなので、ある意味このいい加減さは、私には必要な訳です。ということで、この日は、以前よく乗っていた陽花。この子にもかなりばかにされていたので期待しなかったのが良かったのか、信じられないくらい動いてくれました❗️感激❗️お陰で、ひっじょうに充実した時間を過ごすことができました。

2/1 ☀️

この日はポチ. 全然動いてくれず, インストラクターに怒られっぱなし. 帰りの道中悔しくて泣けてきた。馬にもばかにされ、インストラクターにも怒られ。私は、オリンピック選手にでもなるために乗馬をしてるんだろうか。わけない。だから、もっと楽しなくては…。