Tuesday, 9 May 2017

うちの子


しばらく落馬したり、自分の居場所の環境が変わったり、体調が変化したりして、それらに対応すべくしたりしていたら、ブログを更新する気も失せていました。
もう大丈夫と、言うまでには至ってないですが、うちの新しいお馬ちゃんが後ろ足に問題を抱えていることがわかり1ヶ月ほどのリハビリと治療を終えて復活しました。家族全員でホッとしています。特に面倒を見ている次女はとても喜んでいます。
治療費など本当にお金もかかるのですが、とにかく可愛がって次女の良きパートナーとして活躍してほしいなと思います!

Sunday, 2 April 2017

初落馬

ずっと更新してませんでしたが、1月初旬に馬から落ちまして、膝の裏に蹄の痕跡、軽い脳しんとうに血圧計が破壊されるくらいの高血圧を記録し医療関係者を驚かせてしまいました。馬に対しての怖さは全くないのですが、元競走馬のみで成り立っている乗馬クラブで乗馬をするのをやめることにしました。

落馬時に乗っていた馬は元競走馬。皮肉なことにはみが入った感触や駆け足に入ったタイミングを今でも覚えています。ただ、ここは競走馬時代の名残でしょう。馬は思い切り走り出してしまいました。

ですが、不幸中の幸いとでもいうか、鎧を外して乗るレッスン中だったので私は馬に引きずられることもなく敢え無く落下。死ぬのは案外簡単かも、と、落ちてからしばらく意識が朦朧としていた中で考えてました。

というワケで、乗用馬以外は乗らないことを決意。将来はポニーでもいいので優しく調教された自馬を持ち、のんびりと乗れる環境で暮らしたいと、落ちたことでハッキリとした夢を持つことができました。

今帰国中ですが、出産や子育てで無理をした自分の身体のメンテ→エステでは治療できない骨盤の修正のため整体通い開始→馬に柔らかく乗るための身体作り→持久力、背筋、腹筋を鍛える→を将来の乗馬のため頑張ってます!

Tuesday, 27 December 2016

また今日も…

いつも下手くそな乗り方ですが、私は辞めません!やっぱり楽しいから。
ですが、2年間全然乗らなかったブランクは相当なもので、正反動が全くできなくなってしまい、駆け足に入る感覚が、つかめなーい!
焦らない!と、自分に言い聞かせて明後日も行きます!
今日はビリー。私、人生初重種のお馬さんでした。
でも今回は、ふくらはぎを馬体につけて速足する感覚もあり、3回目の挑戦で、わりと簡単に駆け足に入りました。先生にも褒められた!
”この感覚を忘れないで!私!”
と、自分で自分を叱咤激励。
1年もすればだいぶ楽に乗れるようになるはず!と、信じて頑張ります!

Saturday, 24 December 2016

日本の夏に比べたら…






日本の夏に比べたらマレーシアの雨季の朝9時の騎乗は、大したことありません。
もちろん暑いは暑いですが、騎乗後は気持ちの良い汗が出て、日陰は涼しいです。

この日も次女はトッピーで騎乗。

私はお休みです。



広々としたアリーナ。グループレッスンなのですが、皆それぞれ好きなことを
やっていて、その都度、インストラクターが指示したり助言したり。楽しいレッスンです。

馬に騎乗すると広々とした競馬場が見渡せ、競走馬を調教している騎手を見ることもできます。


馬たちもとても綺麗にされていて、それぞれの馬房の天井には扇風機が設置されています。

Friday, 23 December 2016

家族

我が家にお馬さんがやってきました。今回こそ、長く家族となる子です。
9歳の牝馬、現在オーストラリアにいます。一人で頑張っている次女が、この子とどんなペアを組んでこれからやっていくのかと思うと、ドキドキワクワクします。

まだまだ次女も、習わなくてはいけないことがたくさんありますが、まずはこの子との絆を深めて、二人で頑張って行って欲しいです。



私はというと、、、今日もレッスンがありましたが、速足が、、、膝でのしがみつきが治りません。恐ろしいのは自覚がないこと。出来てると、勝手に思っているところが恐ろしい。並み足も、まだまだ出来ない駆け足も悪くないらしいのですが、速足がひどいらしいのです。あまりに酷くて、長女には、それもすごい才能だと言われてしまいました。
長女からの助言は、とにかくリラックスして乗ること、と、脚を入れるときはふくらはぎで、その他のときはリラックスして太ももで乗れと、、、。意味がわからん。
どーしよーもない私ですが、インストラクターの人たちも気さくでいい人たちなので、こちらにいる間は楽しんで乗って行こうと思ってます!

Thursday, 15 December 2016

新天地にて

次女も長女も目標に向かって旅立ってしまいました。乗馬もなく、娘たちもいなく、まさに空の巣症候群に陥っていた私。今まで何をしてきたんだろう、ちゃんと役割は果たせたんだろうか、良い母であったんだろうか、と、日々落ち込み、、、。
次女はまだ中3。いつでも帰ってきたらいい、と、泣きながら電話を寄こして来る次女に答えているうちに1ヶ月が経ち、2ヶ月が経ち…、半年過ぎました。
私も新天地へ、夫の仕事の関係で暮らすようになって1ヶ月。慣れるというか、慣れようという気持ちになってきました。今、休みで子供達が帰ってきていることも背中を押してくれ、私、また乗馬を始めました。

今日は2日目。昨日は、次女も長女も騎乗。湿気に耐えられず長女は熱中症気味に。心配しましたが、久しぶりに見る長女の騎乗はやっぱり良かった。

そして、次女。いうまでもなく、すごい上達ぶり。どんな馬も乗りこなせるようになっていて、上半身が動かない。すごかったです。

で、私。1日目は、スニーカーに普通のズボン。滑りまくり今回こそ落馬すると思いました。

今日は、長女は休み、私と次女が再騎乗。ちゃんとしたキュロット、長靴のせいか?昨日よりはまだマシになっていました。



この可愛い子は、オーストラリアから小さい頃に来たデューク。現在19歳。おじいちゃんですが、おとなしいし、ふわふわした乗りごごちで本当に賢い子です。
私はまだまだ膝で抱える癖があるので、それを直したいとインストラクターに相談。すると、では鎧から足を外して軽速歩、そして正反動。太ももと、腹筋を使って頑張っている自分を意識できました。”鎧は飾りだと思って”と、言われ、なるほど、と。次回はその意識で乗るようにしたいと思います。
”デューク、下手くそな私に付き合ってくれてありがとう!”

こちらは東南アジアマレーシアはクアラルンプール、私が通い始めたのは競馬場に隣接された乗馬クラブです。今日は馬場で乗ったのですが、その向こうには、競走馬が走る姿も見え、コースも見えます。馬たちもとてもよく面倒を見てもらっています。
インストラクターもとてもフレンドリーですごーく気に入ってます。
週2回、1年で子供達をびっくりさせるくらい上達する!と、決めました。
頑張るぞー!!



トッピー。次女が乗ったこれまた賢い子です。話によると、子供時代、競走馬の試験に落ち、性格がおとなしいためそのまま乗用馬へ。今は馬場馬として活躍している16歳です。次女はすんなりと乗りこなし、これからこちらにいる間、この子にハーフパスや、フライングチェンジを調教してみるぞ!と、張り切ってます。


次女が通い始めた学校です。今は夏。これは秋、彼女を連れて行った時に撮ったもの。来年2月からは相棒、9歳の牝馬、ロミちゃん、もいよいよやってきます。夢にまた一歩近づいています!

Saturday, 20 August 2016

1年ぶりに小淵沢でレッスンを受けてきました。昨年は、子供達のレッスンにかかりきりで私は1度も乗ってません。1年ぶりの乗馬は、速歩などは感覚が即戻ってきたので馬も反応してくれましたが、普段使わない筋肉を使うことで、筋肉痛もさることながら、筋肉自体が衰えていたのをしっかりと自覚できて自分でもびっくりするくらいでした。昨日は2度目のレッスンでしたが、なんとか駈歩も出て、馬上でかなりふらついてる自分がいるのも認識でき、このままだと落ちるなという感覚もあり、怖くはなかったですが、やばいなと思いました。また、去年までは駈歩発進の際、ちゃんと足を引くことができていたのに足が動かない…。両足で馬を蹴って早くと合図も出せてたのに駈歩の最中にそれができない…。太腿というか脚全体の筋肉が衰えているなと感じます。こればかりは、乗って鍛えるしかない。骨盤をガッと開き、両脚のふくらはぎを馬体に添え、膝を柔らかくすることで自然とあぶみに体重がかかる。この感覚を身体で覚えないと!
牝馬のマロンちゃん。