Wednesday, 7 February 2018

最近の様子 2018年2月

あっという間に2018年になり、このブログを書き始めてから、我が家の乗馬に関する状況もずいぶん変化しました。まさか、次女がここまで打ち込んでいる未来があったなんて想像もできませんでした。次女は、今後どういう変化を遂げていくのか、高校もやめてしまい、私たちも彼女の将来を案じてはいますが、どうこう言うのではなく、次女なりの方法で人生の舵を切っていくだろうと信じ、サポートだけは怠らずに見守って行きたいと考えています。


Tuesday, 23 January 2018

インタースクールという試合を観戦しにタムワースまで in 2017

インタースクールという、主に小学生から高校生が様々な競技に参加できる試合を観戦しに、タムワースまで行ってきました。去年の暮れのことです。


これで高校時代3度目の愛馬との試合となり、そして、高校生最後の試合となりました。
海外に住んでいる私に、どうしても、、来て欲しかったのか理由が、、行ってみてわかりました。ほとんどの子どもたちの親は、キャンピングカーで観戦しに来ていました。こういう文化は日本にはないので私も驚きました。


みなさん、馬も犬も猫も、自転車も、自分たちで運び、持ってこられていました。家族全員で、滞在も4、5日。当然、競技場にもキャンプができるようにシャワーもあり、トイレもあり、電源もあります。

私と次女は、競技場近くの安いホテルに宿泊し、レンタカーで移動。

競技も、馬場馬術、障害馬術、牛を追い込む競技など、様々あります。
また、親もボランティアとして手伝いに参加は必須。私ができないこともたくさんあったので、できることに私も参加。できないボランティアは、他の子は親がするところを、うちは次女がやってくれました。



とにかく、新しい環境に敏感になるうちの馬の世話は、次女がつきっきりでサポート。知らない音や、物を見るたび、暴れます。この競技場では、子供たちが馬だけでなく、自転車などでも遊んでいたので、一時、その自転車を見て大暴れ。危うくうちの次女は振り落とされそうになりました。こういう場面に出くわすと、私も胃が持ちません。ですが、次女は気丈に振る舞い、こんなの当たり前、と、言って平然としていました。その姿を見て、私もこの子のために気丈に振舞わなければ、、と、思うのですが、未だに、慣れません。

試合の結果はイマイチ。ですが、それより何より、馬が暴れなかったのが良かった。次女も、コーチも必死でサポートしてくれました。試合前、1時間は輪乗りの速足で騎乗。お尻もすりむけた、、、そうです。だろうなあ。

今回の試合で学んだことは、もう、このようないろんな競技がある試合には出ない、方が良いだろう、ということ。うちの馬は馬場馬術の馬です。この競技に使う馬は、元来、敏感な馬の方が良いような気がするのですが、こう言う場面では、敏感すぎて危ないのです。特にうちの馬は繊細な乙女なのです。あまり競技経験がないのも問題なのでしょうが、今回は何事もなく終わりました。

タムワースで楽しかったことは、次女と色々な話ができて、新しい知らない土地を私なりに楽しめたこと。そして、次女の頑張様を感じ、改めて、この子は馬に乗るために生まれてきたのかな、と、確信し始めたことが、のちに、いわゆる今年、次女が高校を辞めて馬の道に進むことにためらいなく賛成してあげられたことにつながった気がします。




ロミ、お疲れ様!









Tuesday, 16 January 2018

2017 ハイライト2

長女の運転で、ダダと交代しながら次女がいる学校まで8時間かけて訪れたことも、良い思い出だ。

道中、食べた朝食。



愛馬と。




広大な景色と、どこまでも続く空。




Monday, 15 January 2018

2017 ドイツ



2017年のハイライトは次女がドイツへ修行へ行ってきたことだったと思う。






『馬が、自然な運動ができるように、乗り手が馬の邪魔にならないように騎乗する。』
次女がそのように乗れたかどうか、、、それはまだまだ訓練が必要であるけれど、愛を持って馬に乗ること、人と馬のパートナーシップの大切さを教えていただいた。

2018年、これを引き続き実行すべく、次女は今でも修行中だ。






近くの町でスパニッシュライディングをしている施設があると聞き、見学に行った。





お天気に恵まれた1週間で、ため息が出るような素敵な光景を見ることができました。



Sunday, 14 January 2018

Happy New year! 2018!

新年明けましておめでとうございます。

ブログ更新ご無沙汰です。

2017年は、我が家にとって激動の年となりました。

まず、、私がまた引越しました。


行き先はオーストラリアです。


私の「次女をサポートしたい、18歳になるまでは!」、と、強く思う気持ちからです。彼女の、馬と共に歩む成長、を見たかった。身勝手かもしれないけれど、夫も賛成してくれました。この子の生きる道は、私たち夫婦にとって未知の世界です。

そして先月、次女が、学校をやめる決意をしました。反対はしませんでしたが、心配はしています。やり直すことはいつでもできるから、と、念をおして、この子の好きなようにさせることにしました。

オーストラリアでは、11年生、高校2年生から、大学に行く子と、職人になる子、それぞれ道を選び進んでいきます。今は、大学に行く子の方が職人になる道を選ぶ子より圧倒的に多いのが現状ではあります。



次女は、現在、厩舎で、ライダーとして働いています。



さらに、昨年7月には私の可愛がっていた愛犬トビーが亡くなりました。

本当に辛い辛い経験でした。



その後、残された桃太郎、と、ふーちゃんをオーストラリアに移住させ、今、2匹は私たちと住んでいます。




2018年、すでに変化の兆しが見えています。人生、変化あっての前進だと思ってます。
どうか、今年も皆健康で、怪我のないよう、、、、、次女は、すでに去年の暮れ馬に蹴られて鼻を骨折…しちゃったけどね。


これからこのブログは、次女の馬との成長の記録、として変化しそうです。










Tuesday, 9 May 2017

うちの子


しばらく落馬したり、自分の居場所の環境が変わったり、体調が変化したりして、それらに対応すべくしたりしていたら、ブログを更新する気も失せていました。
もう大丈夫と、言うまでには至ってないですが、うちの新しいお馬ちゃんが後ろ足に問題を抱えていることがわかり1ヶ月ほどのリハビリと治療を終えて復活しました。家族全員でホッとしています。特に面倒を見ている次女はとても喜んでいます。
治療費など本当にお金もかかるのですが、とにかく可愛がって次女の良きパートナーとして活躍してほしいなと思います!

Sunday, 2 April 2017

初落馬

ずっと更新してませんでしたが、1月初旬に馬から落ちまして、膝の裏に蹄の痕跡、軽い脳しんとうに血圧計が破壊されるくらいの高血圧を記録し医療関係者を驚かせてしまいました。馬に対しての怖さは全くないのですが、元競走馬のみで成り立っている乗馬クラブで乗馬をするのをやめることにしました。

落馬時に乗っていた馬は元競走馬。皮肉なことにはみが入った感触や駆け足に入ったタイミングを今でも覚えています。ただ、ここは競走馬時代の名残でしょう。馬は思い切り走り出してしまいました。

ですが、不幸中の幸いとでもいうか、鎧を外して乗るレッスン中だったので私は馬に引きずられることもなく敢え無く落下。死ぬのは案外簡単かも、と、落ちてからしばらく意識が朦朧としていた中で考えてました。

というワケで、乗用馬以外は乗らないことを決意。将来はポニーでもいいので優しく調教された自馬を持ち、のんびりと乗れる環境で暮らしたいと、落ちたことでハッキリとした夢を持つことができました。

今帰国中ですが、出産や子育てで無理をした自分の身体のメンテ→エステでは治療できない骨盤の修正のため整体通い開始→馬に柔らかく乗るための身体作り→持久力、背筋、腹筋を鍛える→を将来の乗馬のため頑張ってます!